「人」「サービス」「想い」が伝わる名刺 必要としている人と 、あたたかなご縁をつなぎます

あなたのサービスが必要になったときに、思い出してもらうために

みなさんインスタはされていますか(^^)

ちなみに、私は最近になってインスタをやっとはじめました^^

インスタは若い人のSNSと思っていて(笑)
私はアラフィフだし、写真も上手くないし、インスタはないだろうなぁと思ってたんですね。

それでも、インスタをはじめた理由は、インスタをされているお客様が多いから。

お客様の日々の活動を知ることで、お役に立てる情報を提供できると思うし、お客様には、すてきな方が多いので、誰かと誰かを繋げたい♪
との思いもあったりと。(仕事に関係ないことでも)

ということで、インスタ頑張っている私ですが、紙媒体の良さを改めて感じた出来事が、最近ありました(^^)

名刺やチラシ、パンフレットなど紙媒体の良いところの一つ



それは、「とっていてもらえること」

改めてそう思ったきっかけは、あるお客様からのお電話から。

私たちは、名刺ミニパンフ以外にもチラシ制作などもしています。

今年の梅雨前に、雨漏り修理をされているお客様のチラシを作らせていただいたのですが、時間がたった梅雨時期の今になって、そのチラシからお問い合わせがきているそうです。

よくよく聞いてみると

「他の業者さんで雨漏り修理をしたけど、やっぱり直らず雨漏りがしてるということで、チラシからもお問い合わせがきて忙しいです。

そして、数か月前のチラシを持っていらっしゃる方も多いんです」
と。

時間差でのお問い合わせ(^^) うれしい!

その時は必要なくても、もしかしたら先々必要かもと思ったときは、紙媒体だと捨てずに持っていてもらうことができます。

そして、必要なときに連絡をいただけたりします。

モノがあると、忘れることもないですよね(^^)

SNSなどのネットも、紙媒体もそれぞれ良いところがあるので、うまく使い分けできるといいなと、改めて思ったお客様からのお電話でした。

なので、今回のようにチラシでもいいですが、対面で直接お渡しできる機会が多い名刺。


その名刺で、自分が何のお役に立つことができるか具体的に分かると、記憶に残りやすいので必要になったときに、思い出してもらいやすいです。

そんな具体的に伝わる 名刺も制作しています (←宣伝できた 笑)

女性向け名刺パンフレット写真


喜んでもらいたい、悩んでいる人の力になりたいと提供しているサービス。
そのお客様への想いが、必要な方に届くように。


「ありがとう」と思いあえるような、幸せな気持ちが循環する・・・
そんなご縁に繋がりますように。


今日も読んでいただき、ありがとうございました。